12.11.2005

The Japanese Self Defense Forces that turn into Koizumi's private soldier 小泉の私兵と化した日本自衛隊

It is a machine translation from Japanese.

The extension of the Iraq dispatching soldiers of the Self Defense Forces was decided. Koizumi says that it profits "Japan" by the Iraq stationing.

However, it is international and it becomes Japan and Iraqi two countries people's profits or it is very doubtful there. We people's consideration is hoped for to an international contribution more than the profit of "Japan". The profit of "Japan" that Koizumi says is a profit toward America, and it differs from true international contributions.

If it is true international contributions, the Self Defense Forces will not be thrown a stone. It is thrown a stone surely because of being thought the private soldier of United States = Bush = Christianity.

We World War should be able to be shared and to share unhealthiness that military forces of another country are stationed in an own country by the people who have fought twice.
We won't become the true heart moon companies.

It is necessary to notice only the troop withdrawal of the Japanese Self Defense Forces esteem Iraqi the people and a lot of intentions of the Islam believer.

Do not use the Iraq dispatching soldiers as Koizumi's political means.

Japaneseーーーーーーーーーーーー

自衛隊のイラク派兵延長が決定された。
小泉はイラク駐留が「日本」の利益になるという。

しかし、国際的に、また日本、イラク両国民の利益にはなるのか、
そこが、はなはだ疑わしいのだ。
我々国民の意識は「日本」の利益よりも、
国際的貢献に希望している。
小泉のいう「日本」の利益とは、すなわち対米利益であり、
本当の国際貢献とは異なる。

本当の国際貢献であれば、自衛隊も投石されないであろう。
投石されるのは、米国=ブッシュ=キリスト教の私兵と思われているからに違いない。
我々世界大戦を二度も戦ってきた国民は、自らの国に他国の軍隊が駐留している不健全さを共有できるはずだ。

我々は、赤心月社にはなりえないのである。

日本自衛隊の撤兵こそが、イラク国民、また多くのイスラム教信仰者の意思を尊重するということに気づかなければならない。

イラク派兵を小泉の政治手段として利用させてはいけない。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home